寺岡有機醸造

有機と食への探求

COLUMN OF ORGANIC AND FOOD
2021.1.14

醤油の塩分濃度について

醤油は日本農林規格(JAS)によって5つの種類に分類されますが、それぞれの醤油の塩分濃度をご存知ですか?色が濃いと塩分濃度も高いと思いがちですが、実は色が淡い淡口醤油の方が一般的には塩分濃度は高いのです。

【各醤油の一般的な塩分濃度】
・濃口醤油:17.5%
・たまり醤油:17.9%
・再仕込み醤油:15.6%
・淡口醤油:19.1%
・白醤油:17.9%

健康に関心が高まっている今日では減塩醤油を購入する方も多いのではないでしょうか。減塩醤油はしょうゆ100g中の食塩量が9g以下のものと定められている醤油です。醤油の製造過程で雑菌を繁殖させないためには一定の塩分濃度が必要なため、減塩醤油は通常の醤油をつくってから塩分だけを減らしてつくっています。

寺岡有機醸造ではその減塩醤油としょうゆ加工品の減塩だし醤油の2商品を取り扱っております。

寺岡家の減塩醤油300ml

国産丸大豆、国産小麦、天日塩を使用した美味しい天然醸造減塩醤油です。
おいしさはそのままに、透析装置で塩分だけを取り、普通の醤油の半分以下(約9%)の塩分にしています。

醤油の塩分濃度について_寺岡家の減塩醤油




寺岡家の減塩だし醤油300ml

有機こいくち醤油に有機再仕込み醤油をブレンドし、コクとうま味をアップさせた醤油に羅臼昆布でとった濃厚なだしを加えただし醤油。一般的な濃口醤油から塩分を60%カット(約6.5%)した減塩だし醤油です。

醤油の塩分濃度について_寺岡家の減塩だし醤油

減塩だし醤油はだしがきいているので減塩でもうま味がしっかりしており口当たりが優しいと評判です。まろやかで美味しい減塩だし醤油一度試してみてください。

参考
Web:農林水産省,しょうゆ品質表示基準(平成12年12月19日農林水産省告示第1665号)第3条第1号
書籍:杉村啓,醬油手帖,河出書房新社,2014.

© teraokake 1887-2021

Web Produced Bytobikikaku