寺岡有機醸造

有機と食への探求

COLUMN OF ORGANIC AND FOOD
2021.3.11

まるでフルーツ?ベータグロリアとは

寺岡有機農場において、有機ベビーリーフ有機ごぼうと並んで人気商品が、有機人参です。

サラダにしても良し。スープやジュースとしても、大変おいしい野菜ですね。

人参は、たくさんの栄養素が含まれますが、その中でも「カリウム」と「βカロテン」を多く含みます。

 

【カリウム】
カリウムは、体内に含まれている余計な塩分を体の外に出す効果があるため、血圧を下げる代表的な栄養素といわれています。

 

【βカロテン】
βカロテンは、強い抗酸化作用を持ち、活性酸素の発生を抑えて取り除く働きがあります。
体内でビタミンAに変換して、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、視力の維持、がんの予防、免疫力強化、アンチエイジングなど、健康維持に重要な栄養素です。

 

広島県世羅町の赤土で栽培した当農場の有機人参は、雪が降った土壌の下で甘さを蓄え(人参は寒さから身を守るために糖分を蓄えます)、最も甘い時期はフルーツの柿のような甘さを感じることができます。


寺岡有機農場では、ベータグロリアという品種の人参を有機栽培していますが、ベータグロリアはオレンジ色が濃く鮮やかで、形の揃いも良く、とても作りやすい品種と言われます。
もともと甘い品種ではありますが、当農場で栽培した有機人参の糖度は、なんと9.5度以上です!(一般的な人参の糖度は5度くらい)


出荷時期は、気候による変動はありますが、10月から2月末となっております。

是非、皆様もご賞味ください!

© teraokake 1887-2021

Web Produced Bytobikikaku