寺岡有機醸造

農場

有機野菜への
こだわり

COMMITMENT

創業当時から向き合い続けた有機栽培。
人と自然との共生を目指して。

寺岡有機農場では、有機JAS法が制定される以前から無農薬栽培にこだわっており、今ではほぼ全ての農場で有機JAS認証を取得しています。私たちはかねてより人と自然との共生を目指し、持続可能な農業のために有機栽培に取組んできました。身体にも環境にも優しい有機栽培を行うことで、明日の農業に繋いで行きたいと考えています。

寺岡の野菜づくりMAKING

有機JAS認証を受けた寺岡有機農場の野菜
1

有機JAS認証

皆さまに安全・安心な野菜をお届けできるよう、私たちは有機JAS制度ができた草創期(2001年)に認定を受けました。有機栽培とは、「化学肥料や遺伝子組換え技術に頼らないことを基本として、自然環境への負荷を出来る限り低減した方法」で行う農業のことです。有機栽培への取り組みは消費者の皆さまの健康を増進することはもちろん、環境にも、作り手にも優しい農業の実現にも繋がります。

寺岡有機農場のビニールハウス
2

ビニールハウス

草や虫のリスクが高い有機栽培において安定供給を実現するために、数年前からビニールハウス主体の栽培方法にシフトしています。また、より良い野菜作りのために、各ハウスごとに土壌分析を行い、科学的な視点から土壌の改善を常に模索しています。

寺岡有機農場の自慢の赤土
3

自慢の赤土

美味しい野菜作りの秘密は自慢の赤土。 粘り気と保水性がポイントです。赤土は普通の土に比べて、粘り気が強いのが特徴です。ミネラル分が豊富で、栄養価が高い野菜が育ちます。また保水性も高いので、肉厚で柔らかい根菜類ができます。水分が蒸発すると固くなるので、それに反発するように野菜の細胞が細かくなり、キメの細かい上質な野菜ができます。

JGAP認証
4

JGAP認証

JGAP認証は、いわば「良い農場の目印」です。食の安全や環境保全に加え、農場の組織づくりや責任分担など職場環境の改善までを網羅した認証で、多くの基準が定められています。つまり、JGAP認証が与えられた農場は、「適切に管理されていて、安全な農産物を提供できる」という証ということです。消費者の方々やバイヤーの方々が、より安心して購入・取引できる農場を目指し、私たちも2020年1月にJGAP認証を取得しました。

寺岡の自家製堆肥COMPOST

私たちの野菜を美味しくする理由の一つが畑に使用する自家製堆肥。未熟物を入れ、ひっくり返し、発酵させる、その繰り返しを毎日毎日行っています。栄養たっぷり、菌たっぷりの超循環的な堆肥を畑に投入することで、土の中の菌を生き返らせることが出来ます。また、内容物は全て地元産。土着のものを使用することで菌の定着が良くなり、より生き生きとした土を作ることが可能となります。

堆肥

堆肥の内容物

  1. 農場内や町内いたるところで美化のために刈られた草。

    刈った草を処理する手間がなくなり、地域の人にも喜ばれています。

  2. 世羅町内で出たお米のもみ殻など。

    世羅町はお米の生産がさかんな地域。美味しいお米のもみ殻は栄養たっぷりの堆肥に。

  3. 農場で採れたベビーリーフの切葉や虫食いで商品にならなかったもの。

    栄養たっぷりのベビーリーフは堆肥としても良い仕事をしてくれます。

  4. 寺岡有機醸造の天然醸造商品のもろみかす。

    もろみかすには、130年の間受け継がれてきた醸造菌がたくさん!

安定供給に向けてFOR STABLE SUPPLY

栽培管理システムの導入と科学的経営

栽培管理システムの導入と科学的経営。

栽培管理システムを導入し、収穫実績をデータ化し精度の高い収穫予想を行っています。また、売上や経費はもちろん、売上と労働時間、限界利益と労働時間の相関関係、生産工程に至るまで、細部に渡って徹底的に数値化して分析することで、生産性を大幅に改善しています。科学的経営を実践することで、今後何十年にもわたって安定した供給元であり続けたいと思います。

徹底した品質管理

徹底した品質管理

毎年実施する厳密な土壌検査による徹底した品質管理を行っています。また、栽培から商品のパッキングまで責任をもって管理を行い、品質の安定化を図っています。

低コスト化

低コスト化

栽培担当者、一人ひとりの徹底した原価管理による低コスト体質を実現しました。安心・安全な野菜が、よりたくさんのお客さまの食卓に並ぶことを目指しています。

若いスタッフ

若いスタッフ

社長の年齢満34歳、 社員平均年齢25.5歳と業界平均66.8歳から比較すると38.8歳も若いスタッフが働いています。積極的に若年就農者の支援に取り組み業界全体の活性化に努めたいと考えています。

寺岡有機農場のベビーリーフBABY LEAF

ベビーリーフ

寺岡ならではの味と食感。

いろいろな作物を有機栽培していますが、実はベビーリーフは10年くらい前に細々とはじめた品目です。寺岡有機農場を代表する商品のひとつ、ベビーリーフ。その始まりは、寺岡有機醸造のドレッシングに合う野菜を栽培したいという思いがきっかけでした。今では、10年以上の経験の積み重ねと、土耕栽培ならではの特徴によって、当初めざしていた味と食感をだせるようになりました。我々が試行錯誤して育ててきた、ひと味違うベビーリーフをぜひご賞味ください。

寺岡有機農場世良農場の様子

澄んだ水ときれいな空気の賜物

当社の世羅農場は、周辺に住宅もなく水もきれいで汚染されにくい環境であり、有機栽培にとても適した場所です。ここで私たちは有機JAS制度ができた草創期に認証を受けました。ベビーリーフは、生食(サラダ)で食べるので、味や歯ごたえをしっかりと感じていただけるよう、品質には特に気を配って栽培しています。

出荷スケジュールSCHEDULE

© teraokake 1887-2021

Web Produced Bytobikikaku